流れについて

普通借家契約というものがあり、リロケーションで利用する定期借家契約とは違うものです。定期借家契約では、やがて契約が終了して、再びしっかり合意が行われない限り、更新はなく、家を明け渡す必要があります。家を貸す人たちは、定期借家契約によって、大きなメリットを得ることになりますが、逆に家を借りる人たちにとって、それは大きなデメリットなのです。

だから、案外、簡単には本来その家に住むという人が見付からない可能性があります。そのような問題を、リロケーション物件としてクリアするために、一般に普通借家契約よりも安くなってしまうというのが流れのようです。1割~3割程度家賃料金をさげないことには、入居確保ができないというデメリットも抱えています。

持ち家や自宅のマンションを貸したい場合、リロケーション会社にお願いすることになります。リロケーションを考える場合、家を空ける数ヶ月前に依頼する必要があります。リロケーション会社に相談して、まず、家賃、敷金、礼金などの賃貸条件を確認します。業務委託契約を結んで、 ここから入居者の募集を開始します。そして、決まれば、入居者との賃貸借契約をします。そして、収益は、入居者の家賃からリロケーション会社の取り分を引き受け取ることになります。