メリットデメリット

転勤する人たちがリロケーションを考えるとき、そこにはどのようなメリットデメリットがあるかということを考える必要があります。リロケーションでないのなら、あなたは、マンションをそのまま空き家にするだけかもしれません。もちろんその時、リロケーションの大きなメリットは、家賃収入をしっかり得ることが出来ることです。

空き家に対して管理しなければならない事態が起こりますが、リロケーションの場合、入居者が生活上の管理をしてくれることになります。この後者のメリットについてつい見落としている人たちも多いのではないでしょうか。

特に、木造一戸建てという場合は、そこへ住まないことによって、湿気による構造的なダメージも相当受けてしまうことが予測できます。家の中で生活をしているということはとても大事なことです。そこに人間が住んでくれているから、自然に換気されるのです。

そして、空き家に不審者が侵入してしまうかもということも大きな心配事です。そのような問題も、リロケーションによつて解消されるはずです。しかし、その時同時にデメリットについても考える必要があり、借りた人たちは、貸す人たちよりも、家を大事にしようというモチベーションがかなり低いのです。