転勤するとき

突然の転勤、そのとき、あなたは何を考えているでしょうか。頻繁にリロケーションという言葉が聞かれる時代になりました。でも、多くの方々が、リロケーションの意味を正しく理解しているでしょうか。

あなたに転機が訪れたとき、同時に関わってくる問題がこのリロケーションです。それは、転勤によって、しばらくその家に住むことが出来なくなってしまった場合、またここに戻る可能性もあり、家を売却することもできず、家を誰かに貸すという発想に留まることをいいます。リロケーション自体、日本に定着したのはまだまだ新しいのですが、大いに所有者たちの負担が少なく済む方法です。

リロケーションは、一定期間だけ家を貸すことを意味します。家はもちろん売りたくはないですが、そのまま空き家にしておくだけなんて、家のローン、税金の問題もあり、絶対にしたくはありませんよね。リロケーションは、自分の家を貸し出しして家賃収入を得たり、留守宅の管理をしてもらうことが可能になる新しい仕組みとなっています。

新しい発想とはいうものの、ビジネスマンたちが、本来求めている発想であります。サラリーマンは、絶えずこのような感じで、異動を繰り返して成長していかなければならない存在でもあります。

つまり、リロケーションを繰り返して、サラリーマンは大きくなって行くのです。リロケーションして、再び、家に戻ってきたときには、もっと大きなサラリーマンにきっとなっていることを期待したいです。更に続けましょう。