定期借家契約

転勤のとき、いろいろな問題を考える必要があり、とても大変なのですが、兎に角一番大変な問題とは、このリロケーションではないでしょうか。その家をどうしようかということを真っ先に考えるはずです。

しかし、今までは、借地借家法は借主保護の性質が強くって、なかなかリロケーションの発想が上手くできなかったというのも現実です。リロケーション物件は、一時的に貸すという意味を持ち、今までであれば、家を貸せば、借り主の立場が俄然強くなって、契約があったとしても、更新する立場は、借り主の方が全然強く、明け渡して欲しいときに明け渡しをしてもらうことができなかったというデメリットが存在していたのです。

このようにリロケーション物件の発想が、一般的になろうとしている理由の一つは、2000年3月1日から、「定期借家契約」と呼ばれる期間を限定した賃貸借契約が可能になったためです。ここからリロケーションの利用者が俄然増えたとも言われています。

「定期借家契約」によって、半年から、数年の契約を借り主とかわし、そのまま再び、家をすんなり戻してもらうことも可能となったのです。しかし、「定期借家契約」でも、再契約、更新することもできない訳ではありません。